杉並区善福寺 胃カメラ|やまざきクリニック

胃カメラについて

胃カメラについて

胃カメラとは

胃カメラ(上部内視鏡)は、小さなカメラによって食道・胃のポリープやがん、炎症などを調べるのに用いられる検査機器です。
胃カメラ検査を定期的に受けておくことで、万が一胃がんになっていても早期発見の確率が飛躍的に高まります。
特に、慢性萎縮性胃炎やピロリ菌感染のある方には、定期的な胃カメラ検査をお勧めしております。

苦痛の少ない胃カメラ検査(鎮静剤を使用)

胃カメラ検査は挿入する場所(鼻か口)によって呼称が変わり、それぞれ経鼻内視鏡・経口内視鏡検査と呼ばれます。
当院では、経口内視鏡による検査を行っております。経口内視鏡は、口から胃へと挿入する内視鏡検査で、鼻から挿入する経鼻内視鏡に比べて画質がよく、患部の診察が比較的よく行える検査と言えます。
他院様で受けた胃カメラ検査によって苦手意識をお持ちの方でも、検査時の吐き気や不快感が軽減されるよう努めております。検査前、咽頭にゼリーやスプレーで十分な麻酔を施し、鎮静剤を用いて、苦しくない検査に努めております。

検査前日・当日の注意点

検査前日
  • 前日の夕食は、なるべく早めに済ませるようにしてください。
  • アルコールは控えることが好ましいです。
  • 遅くとも午後9時を過ぎたら飲食、服薬をしないようにしてください。
検査当日
  • 検査が終わるまで、飲食は禁止です。
  • うがいは構いません。
  • タバコは吸わないでください(胃液が多くなり、検査診断が行いにくくなります)。

経口上部内視鏡検査の流れ

  • 1問診
    内視鏡検査を行うにあたり、リスクが伴わないかをチェックします。

  • 2消泡剤を飲みます
    胃の中の泡を消して、胃壁をきれいにし、見えやすくするためです。

  • 3内視鏡を挿入するためにのどに麻酔をします。氷状の咽頭麻酔薬を口に入れて、なめてもらいます。また、鎮静剤を使用します。

  • 4消化管の蠕動運動を抑える薬を注射します。

  • 5左側を下にしてベッドに横になります。
    検査が始まります。

  • 6食道、胃、十二指腸を観察します

検査後
  • 検査後、1時間程度は飲食を控えてください。咽頭麻酔が1時間程度効いていますので、むせることがあります。
  • 組織検査を行った方については、お食事は2時間以上経過してからにしてください。
    また、検査後2~3日は、アルコールや香辛料などの刺激物は控え、消化の良いものを召し上がるようにしてください。

こんな症状には胃カメラ検査をお勧めします

  • 上腹部が痛む
  • 胃に不快感がある
  • 胸焼けがする
  • 喉、または胸につかえ感がある
  • 吐き気、嘔吐を催す
  • 黒い便が出る
  • 貧血を指摘されている
  • 顔色が悪いと言われる
  • 体重が急に減った
  • バリウムによる胃の検診で異常を指摘された
  • 胃潰瘍や十二指腸潰瘍になったことがある
  • 肝硬変と言われている
  • 食道がん、胃がんを治療したことがある など

胃カメラ検査で発見される消化器疾患

胃カメラは、以下のような病気の診断・検査に有効です。

  • 逆流性食道炎
  • 食道がん
  • 胃潰瘍
  • 急性・慢性胃炎
  • 胃がん
  • 十二指腸潰瘍
  • 十二指腸がん など